広がりを見せる子育て支援の取り組み

女性医師の割合が少しずつ増えてきている日本の医療業界ですが、それでもまだまだ女性の医師に対する風当たりは強く、女性への支援という意味では先進国の中でも遅れをとっている状態です。

しかし、それでも女性医師の活躍が必須であるため、それに関連した取り組みなどが徐々に広がりを見せていることは光明であると言えるでしょう。

女性医師が離職してしまう理由で最も大きなものが妊娠・出産・子育てです。
特に子育てをしながら医師という激務をこなすのは非常に難しく、国はもちろん医療施設の支援もなければ、到底クリアできない問題でもあります。

ある病院では、それぞれの女性医師の状況により、短時間での勤務が可能な支援策を導入しています。
妊娠している女性の負担にならないよう。
また、子育て支援の一環でもあり、子供の面倒を見ながら、しかし医師としての仕事も完全に離れなくて済むような取り組みをしているのです。

院内保育所を設ける医療施設も増えてきました。
昼間だけではなく夜間や休日にも院内保育所を解放し、子供を預けられる環境を整えている病院もあります。
お泊まり保育が可能なところも出てきており、こうした女性の医師への支援策や取り組みは確実に広がっていると言えるでしょう。

  転職先を選ぶときには医療施設の体質に着目

女性医師、特に子育てをしている、あるいはこれからする可能性があると感じている人は、子育て支援の手厚い病院を探すといいでしょう。
言い換えれば、それは各医療施設の「体質」にフォーカスするということでもあります。

女性の役割を非常に大きく感じ、できる限り活躍してもらいたいと考えている医療施設では、子育て支援が充実し、院内保育所なども設けられているはず。
こうした医療施設を選択すれば、そこで働く人たちも女性の医師に対する理解があり、もし仕事の量を減らしたり一時的に出勤できなくなったとしても、それによって居づらくなる、気まずくなる、退職に追い込まれるといった弊害が少なくて済むのです。

具体的な支援策や設備などに、その医療施設の体質が如実に出てくることは間違いありません。
給与額や症例、診療科目なども重要ではありますが、女性医師の転職の場合にはそれ以外にもフォーカスしなければならない点があり、また、それが医師としてのキャリアにも大きく関わってくる可能性が高いと知っておくことが大切です。

医師の転職専門サイトなどにアドバイスを求めることで、こうした子育てなど女性の医師の悩みに答えてくれたり相談にのってくれたりもします。
有効に活用しながら、充実した転職を目指していきましょう。