自らのキャリアプランに合っていること

女性医師が転職を考える時、転職先の医療施設を選ぶ際のポイントとなるのは、自らのキャリアプランとのマッチングです。
医師であれば、どのようなキャリアを築いていきたいのかをある程度頭の中に描いているはず。
そのイメージと合致する医療施設を選択し転職を試みなければなりません。

もし、まだキャリアが明確にイメージできていないのであれば、それを作り上げることから始めましょう。
医師の転職のためのサイトやエージェントを利用し、そこでキャリアコンサルタントに相談することでキャリアを見直すことができ、イメージを固めることにも繋げられます。

これが曖昧なまま転職へと乗り出してしまうと失敗するリスクが大きくなるため、ここは転職のポイントとして必ず押さえておかなければいけません。

どこに重きを置いてキャリアプランを構築するのかは、医師それぞれです。
年収アップを狙うのもある医師にとっては重要なこととなるでしょうし、女性医師の場合には家族や家庭を優先するため、雇用形態や福利厚生、勤務時間などにこだわる人も出てくるでしょう。

医師の数だけキャリアプランが存在しているわけですから、自分自身のそれをしっかりと定めてから転職へと動き出す、これが転職を成功させるための大きなポイントとなると認識しておかなければいけません。

  客観的視点も重視しながら選びたい転職先

自らのキャリアを思い描く時、できるだけ客観性を持たせることも重要です。
転職先を最終的に選択するのは自分自身ですが、実際に転職できるかどうかは自分だけではなく、応募先の医療施設の判断も絡んできます。
両者の合意があってこそ初めて転職することができるわけです。

つまり、主観のみで考えてしまうと、まだ能力やスキルが乏しいのにも関わらずハードルの高い医療施設を応募対象としてしまったり、逆にもっと年収アップに繋げられる病院があるのに、自らの能力を過小評価し、キャリアアップにも年収アップにも一切繋がらない病院を選んでしまう可能性が出てきてしまうのです。

それを避けるためには、客観的な視点も重視すること、これが女性医師の転職のポイントとなってくるでしょう。

客観的な視点を持つためには、やはり医師の転職に精通しているキャリアコンサルタントに相談するのが効果的。

家族がいるなら雇用形態なども含め、どのような職場環境を選べば家族にとっても最良の選択となるのかを考えつつ、また、自らも自己分析を行いながら市場価値を把握すると共に、応募先・転職先を定めていくよう強く意識しなければなりません。


女性医師向け求人サイトでキャリアコンサルタントに相談