女性医師の割合の多い診療科とは

女性医師の転職では、しばしば働きやすさを求めてそれを決断する人がいます。
医師という仕事から完全に離れてしまうよりは、ずっと賢い選択となるでしょう。
それが社会貢献にも繋がるはずです。

働きやすい環境は、人それぞれ異なります。
転職する際にも自分の価値観や感覚、興味などを考慮し働きやすさというものを考える必要がありますが、女性医師の割合が多い診療科というのは、女性の医師にとって働きやすい環境が一定整っていると言ってもいいのかもしれません。

他の診療科と比較して女性の割合が多い診療科には、皮膚科、眼科、産婦人科、麻酔科、小児科などがあります。

まず共通しているのは、家庭との両立が比較的図りやすいという点でしょう。
特に、皮膚科や眼科は外科などと比較すると緊急のオペが入ることも少なく、そもそも外来のみで問題のない医療施設に勤めていれば手術を担当することもありません。
プライベートな時間をしっかりと確保することができる診療科であると言えそうです。

産婦人科や小児科などは、激務やリスクの高い代表的な診療科の例として挙げられることが多いものの、女性に向いている環境とも言えるでしょう。
そういう意味では働きやすさがあるのではないでしょうか。

  診療科とともに医療施設も要チェック

上で例を挙げたように、プライベートな時間が確保しやすくワークライフバランスが保たれる診療科が、必ずしも働きやすい環境であるとは限りません。
女性の医師には、その立場特有の働きやすさがあり、それは時に使命感などにも左右されることがあるのです。

また、同じ診療科だからといって、どの医療施設も同じ環境であるとは限りらない点も頭に入れておきましょう。

医療施設が変われば、働きやすさも変わります。
人間関係が変わるわけですし、その病院特有のルールや不文律もあるはず。
患者の層や特徴も異なりますから、女性医師の転職の際には、こうした点にも配慮しながら転職先を選択していかなければなりません。

例え夜勤や緊急オペ、当直などが頻繁にある病院であったとしても、サポート体制が整っていれば働きやすいと感じられるでしょう。

逆に、残業などがなかったとしても、女性医師がただの駒扱いであれば、それは働きやすさとは程遠い環境であると言えます。
転職する上では診療科の選択も非常に重要ですが、他の要素も勘案しながらベストな転職を試みなければいけません。

女性医師が転職をする時に選ぶポイント