医師としてのキャリアプランに沿った転職理由とは

女性医師とは言っても、自らに強い使命感を持ち、患者のため社会のためにその知識やスキルを使いたいと常日頃考えるのは当然のこと。
そんな思いで医師として働いていれば、自らのキャリアアップのために転職を検討する機会も度々訪れることでしょう。

例えば、他の臨床現場を経験しさらに腕を磨きたい、幅広い知識を得たい、それを転職理由とする女性医師も少なくありません。
専門性を追求したいと考える医師もいますし、新たに興味が湧いた分野への転科なども転職を決意する大きな理由となり得ます。

このような動機での転職は男性に多いように感じられますが、今や女性の医師の数も急激に増えてきており、これらの理由で転職を検討し始め実際に行動に移す人も増加傾向にあるのです。

似たようなところで、医局を離れたい、もっと自由に診療が行える環境に移りたいと考え転職する女性医師も非常に多く出てきています。
女性はどうしても体力的に男性に劣るところがあり、激務である医局の環境に耐えられなくなれば、それをきっかけに転職を考えるのも当然のことでしょう。

すでにある程度の知識とスキルを身につけているのであれば、大学病院ではなく他の病院や診療所でそれらを発揮し、さらにキャリアアップや年収アップを図るというのも、当然の選択となるはずです。

  結婚や出産を機に転職を決意する女性医師も

キャリアアップや年収アップなどキャリアプランに関係した転職理由も非常に多いのですが、女性が転職を決意する理由で最も多いと考えられるのは、やはり結婚や出産、そして育児です。

結婚をしただけでは特に何も変わらないという人もいるでしょう。
しかし、今後妊娠して出産、子育てする時のことを考えれば、もう少し精神的・肉体的負担が軽く、また、こうした女性特有の状況を理解し配慮してくれる医療施設へと移りたいと考えるのは普通のこと。
⇒女性医師を支える子育て支援とは?

実際に妊娠し出産をすると、一時的に職場を離れなければならなくなりますが、それを一つのきっかけとして転職を決意する女性の医師も少なくないでしょう。

当然、辞めざるを得ない状況に追い込まれてしまう女性医師もいます。
これは大きな社会問題であり、国を挙げて解決を図らなければならない問題ではありますが、現状全ての医療施設に出産や育児への理解が広まっているかといえば、残念ながらそうはなっていません。
離職・転職するしか道がない、そういう医師も女性の場合には珍しくないのです。
⇒女性医師が働きやすい環境が整う診療科目とは?

その一方で、女性の医師の募集も増加傾向にあります。
少しずつその重要性が浸透してきており、これからも女性の活躍の場は広がっていくと予測できます。
どのような理由があるにせよ、女性の医師の転職が徐々にしやすくなってきていることは間違いありません。

※女性医師のキャリア支援サイト
https://www.med.or.jp/joseiishi/index.html

他にもある女性医師の転職理由とは

  家庭環境の変化により転職を迫られる女性医師

転職する理由が「キャリアアップのため」などに絞られればもっと楽なのかもしれませんが、女性医師の場合には特にそうもいきません。
他にも転職を迫られる状況やきっかけがいくつもあるのです。

結婚や出産、そして育児などもそれにあたるでしょう。
しかし、それだけではないのが女性の辛いところ。
例えば、家族の転勤という状況に直面し、止むを得ず転職を迫られるケースもあるのです。

旦那さんが転勤することになれば、それについていくか、それとも単身赴任を選んでもらうかしなければなりません。
離れて暮らすのがなかなか厳しいという判断になれば、その家族の転勤についていくしかなくなるでしょう。
となると、医師として働いている妻も職場を変えざるを得なくなってしまうのです。

家族の転勤とはまた違いますが、子供が成長し学校を選択するようになると、行きたい・行かせたい学校の近くに家族で引っ越したり、教育環境のいいところに引っ越したりなどもあるでしょう。

当然、親である旦那さんと女性医師は転職等を余儀なくされますから、それがきっかけになることも考えられます。

女性の医師にはこのようなことが転職理由となることも珍しくはありませんが、重要なことは、これをネガティブに捉えるかポジティブに捉えるかです。
当然、後者の捉え方をした方が、転職もうまくいく可能性が高くなるはずです。
転職した女性医師のリアルな声

  人間関係や職場環境への悩みも転職のきっかけに

医師の転職理由でしばしば見られる、人間関係や職場環境の悩み
女性医師にとっても、これは往々にして降りかかる問題となるでしょう。

病院内にも陰湿な人間関係というものは存在しています。
いじめの類もあるかもしれません。
特に女性の多い職場であれば、女性医師がそのターゲットとなってしまうこともあるのです。

また、上司との関係に悩む医師も少なくないはず。
パワハラのある職場も残念ながら存在していますし、他の診療科目の医師との軋轢の激しい大学病院に勤めている医師もいるかもしれません。

そうした人間関係や職場環境への悩みが大きくなれば、それが転職を決意するきっかけとなることも十分に考えられるのです。
実際に、そうした関係や環境に耐えられなくなって転職した女性医師も多数いますから、もしそのような状況になっているのであれば、前向きに転職を考えるべきでしょう。

医師が転職を考えた際には、「なぜ自分だけ」などとマイナス思考に陥らないことが重要。
「他にも同じ人がいる」と捉えれば、充実した転職を目指すことができるのです。

⇒女性医師が転職する時に選ぶポイントはここ
⇒女性医師の求人を転職サイトを利用して探そう